必ず会えるサイトをご提案

出会い系で活動する時のニックネームの付け方

あ、それ俺のニックネームだった…出会い系サイトに登録すると、初期段階でニックネームを付けることになります。と言っても、いつでも変えることができるので、別に深く考え込む必要もないのですが、初めての場合、どんな風に付ければいいのか迷う方もいると思います。

もちろん自由に付ければいいのですが、出会い系サイトですから、やっぱり異性にウケのいいものにしたいところ。というわけで、ココではニックネームの付け方を3つ提案しておきます。

ニックネームの付け方

 自分の下の名前を元につける
自分の下の名前をひらがなやカタカナにしてニックネームにするだけ。何も考える必要ありませんね。これならメールのやり取りでも実際に会ってからも、お互いに違和感ありません。

普段呼ばれているあだ名をそのまま付けてしまうのも1つ。会った時に由来を話すこともできるし、外して気恥ずかしい思いをすることもないはずです。

 イメージする有名人の名前を元につける
憧れの芸能人や尊敬する人物の下の名前を付ける方法です。これも愛着が湧きやすいはず。また、相手にもその有名人のイメージを想起させる効果もあります。

ただ、あまりにも自分のイメージとかけ離れたイケメン俳優の名前を使ったりすると、会った時に恥ずかしい思いをするケースもあります。気をつけたいところですね。

 場所とアピールポイントを入れる
例えば渋谷の○○、松戸の○○などと自分のメインで活動地域と、職業などを組み合わせる方法です。これはニックネームの段階で既に自己アピールできるメリットがあります。

狙いすぎには注意!

時々見かけるのが妙に狙い過ぎのニックネーム。出会い系指南サイトでも、そのようなお笑い系のニックネームをすすめていることもありますが、第三者からすれば単に痛いだけのケースも多いもの。

何度か書いてきたように会ってから恥ずかしくないよう、よほど自信がある方じゃない限りは上の3種類で充分だと思います。注意を引くのはニックネームよりもプロフィールの内容だったり、メールの内容だったりでいいと思うのです。

相手の立場に立ったファーストメール

023149「物理的に必ず会えるサイト」に参加したら、まずはプロフィールを書きます。

で、いよいよ女性にアプローチするわけですが、この時、全ての女性に同じような文面のメール(はじめまして!○○です!返事待ってます!的な誰にでも通じる内容のメール)を送る男性がほとんど。

確かに、一人一人に違う文面を考えるのは面倒です。ただ、それではあまり返信は期待できません。受け取った側の女性の立場で考えたら、みんなにばらまいている文章はすぐに分かりますし、返事をしようとも思わないはずです。

だって、出会い系サイトでは女性は何通ものメールを受け取るのが普通ですから。中には必ず、しっかりとしたメールを書いているライバルがいますから、そちらに流れていくのは当然なんですね。

面倒だからこそ

ただ、逆に考えると、面倒だからこそ、差別化できるところなのです。その他大勢に埋もれないようにするためには、きちんと相手のプロフィールを読んで、どこに惹かれてメールをしたのかをファーストメールに盛り込んで下さい。挨拶などの部分はテンプレ通りで構いませんが、必ずここだけはオリジナル、要は相手一人一人に合わせるようにしましょう。

また、相手の女性の立場に立ってみると分かるように、いきなり知らない人から長いメールが送られてきても普通は読みません。せいぜい長くても200文字以内にコンパクトにまとめることも大事ですよね。