必ず会えるサイトをご提案

出会いを求めて旅をする

041628良い出会いというのは、そんなに簡単に訪れません。待っているだけでは、駄目だと思います。

自分も素敵な出会いを、必死で求めていた頃があります。そのときには恋愛に飢えていたので、どこでもいいから出会いたいという考えでした。

車を運転して遠くに行くことが元々好きだったので、旅行がてら素敵な出会いを探していました。家の中でじっとしていたり、ただ仕事をしていたりしても出会いなんかありませんから、意を決して自分で動くことにしたのです。

旅行をしていると、様々な人との交流があります。何の気なしに泊まったホテルで、出会いは訪れました。ホテルで働いていた女性だったのですが、すぐに仲良くなり宿泊している期間だけでもと遊ぶようになりました。

旅行から帰ってきた後も連絡を取り合うようになり、ついに付き合うことになったのです。自宅からはとっても遠い場所でしたが、このチャンスを逃してはいけないと出来る限り時間を作って彼女に会いに行きました

こんな出会いもあるので、出会いがないと焦っている人も諦めてはいけません。ただ、じっとしているだけでは何も始まりませんから、頑張って出会いをつかみましょう!

再会したら謝りたい恋愛相手

064541今でも、申し訳なかったと思い出す人がいます。それは事あるごとに友人から「あの人は尽くしてくれてたのに、アンタは冷たかったよね」と言われるからです。

その人は、私の大事な男友達の親友でした。男友達と私とで飲み会の幹事をして、そこで知り合い彼が私を気に入ってくれたのです。

飲み会が楽しかったので私はベロベロに酔ってしまい、彼は自分の先輩に頼んで、先輩の部屋で私を介抱してくれました。

普通に考えると、初対面の相手で自分は酔ってるなんて危険ですが、彼はとても紳士でした。私が吐いた汚物も処理してくれ、最後は家まで送ってくれたのです。

それから電話やメール攻撃を貰い、告白されましたが私は即答できませんでした。なぜなら、私は彼に対して恋愛感情を抱けなかったからです

でも結局、アピールに根負けしOKしたのでした。それからは、私の行きたい所に連れて行ってくれるし、多少のワガママを言っても願いを聞いてくれる優しい人でした。

でも、やはり最後まで相手が私を想ってくれるほど私は好きになれず、別れることにしたのです。後日、男友達から彼の落ち込みを聞きました。

今でも、あの時の自分を思い出すと心が痛みます。